どの新入社員研修でも共通して行うこと3選!

ビジネスマナーの基本を学びます

どの業界・職種でも程度の差はあるものの、ビジネスマナーは社会人として働くにあたって必須となります。そのため、ビジネスマナーは新入社員研修では必ずと言っていいほど取り入れられています。ビジネスマナー研修の具体的な内容は、電話応対や挨拶の練習、名刺の交換の仕方といったものとなります。ビジネスマナー研修の流れとしては、講義をされた後の実際にロールプレイングを行い頭だけでなく体でマナーを動作ごと叩き込むというのが大半ですね。

社会人としての心構えを叩き込まれます

新入社員の中には高校生や大学生でアルバイトをしていた方も多くいます。ですが、学生時代のアルバイトと社会人として社員で働くにあたって求められる心構えは全く異なります。またアルバイトをしたことが無い場合、文字通り初めてお金を貰う立場になります。そのような学生気分の新入社員に対して、講話やグループワークを通じ、お金を貰う立場として社会人としての心構えを叩き込みます。

新入社員同士および先輩・上司との交流を行います

会社の仕事は職種・業種に関わらず1人でできるものではなく、他の社員とコミュニケーションを取る必要があります。特に新入社員の間は仕事の進め方も分からないため、簡単な仕事でも上司や先輩の指示を仰がなくてはなりません。そのようなわけで、他の新入社員や会社の先輩・上司と親睦を深める機会が、新入社員研修の一環として設けられています。もちろん会社の人間関係は学生時代の友人と異なり嫌だから関わらないでは済まされません。ですので、「社会人としての」人間関係の取り方も研修の目標となります。

社員研修で優秀な人材育成を行いましょう。ビジネスに必要な知識をしっかりと学ぶことができ、短期間でも成果が出ます。