こんなに簡単だったの?自営業になるための方法

自営業になるのは簡単!

インターネットが発達したことや働き方に対する価値観が変化してきたことなどにより自営業として独立する人が増加しています。では実際に自営業になるためにはどのような手続きが必要になるのでしょうか。実は非常に簡単に行えます。単に自営業として開業するだけであれば、税務署で開業届を提出するだけです。開業届というと何やら難しそうな書類をイメージしてしまいますが、非常に簡単な書類で、名前と住所、事業内容などの最低限の情報を記入するだけです。開業届は3分もあれば書けてしまう内容であり、スマートフォンを契約する方が遥かに難しいと言えるでしょう。もし万が一、開業届の書き方が分からなかったとしても税務署に行けば丁寧に教えてくれるので全く心配はいりません。

自営業になるのは簡単!でも…

自営業になること自体は非常に簡単です。しかし自営業として独立したとしても成功するとは限りません。実際に、3年以内に6割の事業が廃業しており、5年以内に8割の事業が廃業しています。この数字を見る限りでは成功する人よりもむしろ失敗してしまう人の方が多いと言えます。では長く事業を続けるためには一体どうすればよいのでしょうか。それはとにかく勉強することです。日本人の多くが本を読みません。勉強が本業である大学生ですら全く本を読まない人もいます。しかし本にはあらゆる知識が書かれています。経営に関する知識の多くが本にすでに書かれており、それを読んで実践するだけでそれなりの経営を行うことが出来ます。まずは先人が書いてきた本を読んで学ぶことから始めてみましょう。

フランチャイズとは親会社が権利を相手に提供することで、営業をやりやすくさせるという企業経営の一形態です。